浜木綿の季節,Season of Hamayu,濱木棉的季節

Pocket

茅ヶ崎の夏の海辺を彩る浜木綿がシーズンを迎えている。大きな緑の葉の上に広がる華やかな白い花びらの向こうに海が見える風景は茅ヶ崎の夏の風物詩。浜木綿は黒潮に面した沿岸部に自生する熱帯植物で、関東近辺では房総半島、三浦半島、伊豆半島などでよく見られる。花言葉は、「どこか遠くへ」。

 み熊野の浦の浜木綿百重なす 心は思へど直に逢はぬかも 柿本人麻呂

The summer beach of Chigasaki is decorated with Hamayu, which is now in season. The view of the sea beyond the gorgeous white petals spreading on the large green leaves is a Chigasaki tradition of summer. Hamayu is a tropical plant that grows wild in the coastal area facing the Kuroshio Current, and is often seen in the Boso Peninsula, Miura Peninsula and Izu Peninsula in the Kanto area. The language of flowers is’ Somewhere far away. ‘

點綴著茅崎夏日海邊的濱木棉正迎來旺季。在巨大的綠葉上展開的華麗的白色花瓣對面可以看見大海的風景是茅崎的夏天的風景詩。浜木棉是一種熱帶植物,生長在面向黑潮的沿海地區,在關東地區的房總半島,三浦半島,伊豆半島等。花語是“去遠方”。

茅ヶ崎海岸の浜辺で咲く浜木綿たち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です