讃岐国分寺,Sanuki Kokubunji,赞岐国分寺

Pocket


四国八十八カ所霊場の第八十番札所。本尊は十一面千手観世音菩薩。聖武天皇の命で行基が開基した。このあたりは古くは讃岐国の中心地だったという。天皇寺から約7キロの道のりを進み到着。緑の樹木が美しい五色台を仰ぎ見る。ついに高松市に入った。仁王門から本堂までの参道が長く、奥行きのある伽藍である。境内の松並木が美しい。

That is the 80 th temple of Shikoku 88temple pilgrimage.The principal image is 11 faces and 1000 hands of Kanzeon Bosatsu. It was founded by Gyoki under the orders of Emperor Shomu. This area used to be the center of Sanuki Province. It is about 7 kilometers from the Tennoji. I reached the countryside looking up at the 5-color table with beautiful green trees. I finally entered Takamatsu City. The approach from the Niomon gate to the main hall is a long, deep temple. The pine trees in the precincts are beautiful.

四国八十八个朝圣的第八十座寺庙。主佛是十一面千手观世音菩萨。根据圣武天皇的命令由行基创建。这一带以前是赞岐国的中心地带。距离天皇寺约七公里的路程。仰望着绿色树木美丽的五色台,沿着田园地带到达。终于进入了高松市。从仁王门到正殿的参道很长,是有深度的寺院。院内的松树街道很美丽。

2019年7月24日  香川県高松市国分寺町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です