蓮 遍路花紀行,Lotus pilgrimage flower travel,蓮 朝圣花旅行

Pocket

伊予国分寺から横峰寺までの海沿いの遍路道。壬生川近くの道端に忽然と蓮の群生が現れた。稲と蓮の葉の緑と蓮の花の紅が映えて美しい。遍路の疲れを癒してくれた。仏教では泥の中で成長する蓮の実が“悟り”だと考えられており、悲しいことや辛いことがなければ人間は悟ることができないと伝えられている。

That is a pilgrimage route along the sea from IyoKokubunji to Yokomineji. Suddenly, a cluster of lotuses appeared on the road near the Mibugawa River. The green of rice and lotus leaves and the red of lotus flowers are beautiful. It healed the fatigue of pilgrimage. In Buddhism, the truth in lotus that grows in the mud is thought to be enlightenment, and it is said that people cannot be enlightened without sad and painful things.

从伊予国分寺到横峰寺的沿海的巡礼道。在壬生川附近的路边突然出现了莲群。稻子和莲叶的绿色和莲花红的映衬非常美丽。治愈了巡礼的疲劳。佛教认为在泥土中成长的莲子里的果实是顿悟,传说如果没有悲伤和难过,人类是不会觉悟的。

2019年7月10日 愛媛県西条市

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です