種間寺,Tanemaji,种间寺

Pocket

四国霊場八十八カ所の第三十四番札所。本尊は薬師如来。開基は弘法大師。当寺の名前は、開基の際に弘法大師が寺の境内に唐から持ち帰った五穀の種を蒔いたことが由来という。今もたくさんの種子が販売されていた。周囲は田園で開基当時の風景が偲ばれる。

That is the 34th temple of Shikoku 88temple pilgrimage. The lord is Yakushinyolai.Kobo Daishi opened this temple.The name of the temple is said to have come from the fact that Kobo Daishi sowed the five grain seeds he brought back from Tang into the temple grounds when the temple was founded. Many seeds were still sold. The temple is surrounded by a countryside, reminiscent of the old days.

四国八十八个朝圣的第三十四座寺庙。本尊是薬师如来。弘法大师开了这座寺庙。这个寺院的名字,据说是因为在寺庙创建时弘法大师将从唐朝带回的五种谷物的种子撒在寺院内而得。现在也销售着很多种子。寺院的周围是田园,可以缅怀往昔的风景。

2019年6月13日 高知県高知市春野町

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です