興居島むかし話,Gogoshima a old story,兴居島老故事

Pocket

興居島は松山港沖に浮かぶ小さな島。昔々壺に入れられ唐から流された幼い娘は和気姫と名乗りこの島の漁師に大事に育てられた。今もゆかりの神社が残っている。

Gogoshima is a small island near Matsuyama port.   Long long ago a young girl who was put in a pot  flushed from the Tang.    Her name is Princess Wake.   A fisherman on this island  raised her carefully.  Even now her shrine remains.

兴居島是松山港附近的一个小岛。很久以前一个年轻的女孩被放入一个锅中从唐过来了。她叫和気姫。这个岛上的渔夫小心翼翼地抚养她。现在她的神社仍然存在。

2016年2月22日 愛媛県松山市興居島
2015年5月4日 愛媛県松山市興居島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です